天気予報通り


台風は過ぎたみたいですが、
まだ雨、風とも残ってます。

稲刈りができないので、
籾すりです。

台風


夜中、一番ひどかったです。

ビニールハウスは破れてないです。
田んぼに水がたまるのはしかたないですし、
稲が倒れるのもしかたないです。
作業場も被害らしいのはないです。

らちがあかない


軽トラで水を運んでもらちがあかないので、
エンジンポンプを作業場から持ってきました。
横は川ですから、直接汲み上げて、水をかけます。

この籾がら。
消すの結構厄介なんです。
表面上は消えたように見えるんですが、
中で熱を持ってるんです。
念入りに水をかけます。

水を


ポンプ、動きません。

軽トラで水を運んで消します。

てんやわんや


風がだんだん強くなってきました。
で、籾がらが燃えています。
火をつけたのは、父です。
それも今朝。
ビニールハウスのポンプを使って消せばいいとか言ってないで、
台風が来るってわかってるんだから、
火をつけなきゃ良かったんです。

作業場じゃ、乾燥機が1台動いたままで、
ダクトがしまえないし、
後でどうなるか考えてないんでしょうね。

今になって


父は、今になって台風の対策をし始めました。

それも、わたしに何も言わず急にやりだし、
ひとりじゃできないと、
わたしを呼びます。
それなら、最初から言ってくれたらいいんです。

わたし、まだ袋しばり途中なんです。

あ~あ


父がくず米のパレットを動かそうとして、
フォークリフトで米を突き刺しました。
大丈夫なのは、他のパレットに積み替えます。

稲刈りじゃなく


雨が降ったので、稲刈りは止めて、籾すりをしてます。


Top ▲

百姓の日記Ⅱ Produced by ふぁーま
Designed by FC2ブログテンプレート がりんぺいろ