大丈夫かな


さて、巻き上げパイプはなんとかなったので、
弛めたハウスバンドをかけ直し、
巻き上げパイプを開けてみました。

スポンサーサイト

これで


金具はもうひとつ買ってきました。
そして、足らない分のパイプを切って足しました。

今度は電気ノコギリで切ったので、
早く楽に切れました。

楽してたから


パイプ、切りました。
錆びて亀裂だらけです。

最近、パイプを切る時は、
電気ノコギリを使ってました。
今回は、ビニールがあるので、
電気ノコギリは使えず、
鉄パイプ用のこぎりで切りました。
ビニールを切らないように、
手でギコギコして切りました。
電気ノコギリで楽してたのが、わかりました。

とりあえず



とりあえず、巻き上げパイプを押さえているハウスバンド を弛めて、
折れたところをとめているロングパッカーを外してみました。

折れたところは、錆びて亀裂がかなり入ってます。
亀裂のところを切って金具でつなげたいですが、
10数センチパイプが短くなるので、
残りのビニールをとめる部分のパイプが足らなくなります。

さあ、どうしましょう。

折れた!


巻き上げパイプが折れました。
画像じゃわかりにくいですが、
二ヶ所折れています。

つなぐ金具はひとつあります。
もうひとつ買ってこないとつなげないです。
でも、二ヶ所のうち一ヶ所は、
パイプ同士の合わせ目近くで、
折れたところのすぐ横に亀裂が入ってて、
金具でつなげても、またそこから折れそうです。

どうしようかな~。

ピッターノズル


画像がピッターノズルです。
ホースの先につけ、
水をシャワー状にしたり、止めたりします。

各ハウスには、灌水ホースの他に普通のホースをつけてあります。
昨日のように、水のかかりが悪い苗には、
普通のホースを持って、手で水やりをします。
1棟だけ、このピッターノズルがありませんでした。
ホースからの水をそのまま苗にかけると、
床土が浮いたり、削れたりするので、
ホースの先を指で押さえて、
水が広がるようにします。
この指で押さえるの、結構キツイんです。

で、ピッターノズルをつけるんですけど、
これ、市内のホームセンターで売ってないんです。
最初は売ってたんですが、
この2~3年、売り場で見なくなりました。
他のノズルも使ってみましたが、あまりよくないんです。

で、ネットで探してみると、ありました。
ネットで購入して使っています。

晴れ


今日の天気予報は、晴れです。
最高気温は、20℃にいかないみたいです。
ハウス内は20℃になってました。
やっぱり、日射しがあると温度は上がります。

なんだよ~もう…


昨日、ブームスプレヤーを出してきたことを書いてますが、
そのブームスプレヤーで使う除草剤を父が探し出しました。

普段から肥料や除草剤の在庫を確認すればいいですが、
普段から全くそういうことをしません。
わたしが残ったのを管理していて、
例えば、この除草剤がこれだけ残った、
これは何個ある、と伝えいても、
父は聞き流してるんです。
だから、自分が思ってた個数より少なかったり、
あると思ってたのがなかったり、
ないと思ってたのがあったりします。

で、しっかり確認せず、すぐ新しいのを買ってくるんです。

手灌水


ビニールハウスへ来て、
温度計を見ると、14℃。
今日は雨で、気温が低いし、日射しがないので、
ハウスを開けなくていいと思います。

で、各ハウスの苗を見ると、
水がかかってない枯れかかった苗が、多数あります。

昨日は母が水やりをしました。
前にも書いたんですけど、
母はポンプを動かし、ハウス内のバルブを開けて、
ただ水をかければいいと思ってます。

枯れかかった苗には、手で水やりをします。


今日は1日雨のようです。


公民館へ


今日は、午後6時30分から相撲連盟の理事会があります。
少し早いですが、公民館へきました。

ブームスプレヤー


倉庫からブームスプレヤーを乗ってきました。
車をとりに歩いて倉庫へ行きます。

これでどうだ


2つの芽だし機を一ヶ所にかたづけました。

これで、あれがない、
これがない、などと言わなくていいです。

どうするかな~


いつもは、大きい芽だし機と小さい芽だし機を、
別々の場所に分けてかたづけてました。

今回は、一緒にしておきます。

ただ、うまくそれぞれのパーツを置いていかないと、
全部のりきらないかもしれないです。

確認


↓のように、芽だし機をかたづけていたら、
父が来て、暇を見て、
ブームスプレヤーを倉庫から、出してこいと言います。

で、倉庫にきました。
暇じゃないですよ。
芽だし機のかたづけは途中です。
なぜきたかと言うと、
エンジンがかかるか確認しにきました。
なにせ冬の間全く動かさないで置いてありましたから。

たぶん、父はすぐエンジンをかけて、動かせると思ってると思います。
ブームスプレヤーの前にあるトラクターを動かさないと、
ブームスプレヤーは出せません。
ブームスプレヤーはもちろん、
トラクターもエンジンがかかるか確認をして、
動かさないといけません。

で、ブームスプレヤーはエンジンがかかりました。
しかし、トラクターはエンジンがかかりません。
作業場から充電器を持ってきて、充電します。

小さい方


大きい方の芽だし機は、かたづけました。
小さい方の芽だし機をかたづけます。

芽だし機の


今朝は苗の水やりを見合せて、作業場に戻ってきました。

昨日の続きで、芽だし機をかたづけます。
とりあえず、下のシートを洗って干しておきます。

今だけ


ハウスを見てまわってると、
パラパラとビニールを叩く音がします。
外へ出てみると、雨です。

まぁ、青空もありますから、
今だけ降ってるんでしょう。

あんまり


昨日は朝7時で、ハウスの中は20℃以上になってましたが、
今朝は、なっていません。
雲っていて、日射しがないので、温度が上がってないです。
天気予報は、今日も晴れで、最高気温は20℃になってます。

今日も巻き上げを開けるつもりですが、
様子を見て温度があまり上がらないなら、開けません。

こうしたいから


作業場前にあった草刈り機が邪魔になるのは、
画像のように、フォークリフトで、
芽だし機の土台を持ち上げて、
壁の棚へあげたいからです。

分解して



大きい方の芽だし機を分解して、土台だけにしました。
で、ヒーターの水を抜きます。
ヒーターの水は楽に抜けますが、
下のシートにたまった水は簡単に抜けません。

もう1人いれば、土台をどかして、
シートの両端を持ってこぼさないようにして、
外へ出せるんですけどね。

分解できる


草刈り機などをどかして、
作業場前を広くしました。

芽だし機を分解します。

あ~あ、やっぱりか



さて、芽だし機をかたづけたいと思います。
わざと今まで放ったらかしにしてましたが、
父も母もかたづけようとしません。

その上、父は草刈り機を作業場前に乱雑に置いています。
芽だし機をかたづけるのに邪魔になります。

まず、草刈り機をどかしてからになります。

巻き上げを


今日の気温は、20℃近くになるようなので、
ハウスの巻き上げを開けます。

やられた


去年もネズミにやられましたけど、
今年もやられました。

今のところ、画像のともう1枚かじられてます。


一番最初にハウスへ搬入した苗は、
ちょうどいい伸び具合になりました。

あとは、根のはり具合です。

あっ…


苗に水のかかりが悪いところが出てきました。

昨日は、母が水やりをしたんです。
何も確かめず、ただ水をやっただけ。
灌水ホースやポンプの圧力なんかを確認していれば、
かかりの悪いのは、わかるんです。

かかりが悪い苗だけ別に水やりします。

わたしのペット


非常にわかりにくい画像ですが、
わたしのペットのドジョウです。
水槽に水草みたいなやつを入れてみました。

今、3匹のドジョウがいるんです。
本当は、もう一回り大きな水槽にしたいです。

水やり


今朝は水やりが遅くなりました。
父がトラクターの運搬を手伝えと言うので、
それをしていたら、ハウスへ来るのが遅くなりました。

ハウスへ来ると、ポンプが動いてて、水やりしてる最中です。
母が気をきかせて、
やってくれてたんでしょう。
しかし、母がハウスにいません。
ポンプ、動かしぱなし、水、出しぱなしで、
姿が見えません。
ポンプの圧も低いし、
水がかかってない苗があります。

前からこうなんです。
スプリンクラーの時もこうでした。
ポンプを動かして、
ハウス内のバルブを開けばいいと思ってるんです。
ちゃんと水が出ているか、
ポンプの圧は大丈夫か、
水がかかってない苗はないか、
など水やり中も気にすることがいっぱいあります。
が、母は気にしないんです。
ただ水やりすればいいと思ってます。

今はわたしがハウスへ来ますから、
いろいろと対処しますが、
田植えが始まると対処できなくなります。
すると、枯れかかった苗が出てきたり、
ポンプが動かなくなかったり、
苗の管理が悪くなります。

こうした方がいい、
こうしないとダメだと、
毎回言ってるんですけどね~。

こいつは


さて、画像のは今年購入した機械です。
土を播種機へ入れるやつです。

↓で書いた播種機のスペースは、
播種機を置くだけです。
この機械のスペースはありません。

どこに置きましょ。


Top ▲

百姓の日記Ⅱ Produced by ふぁーま
Designed by FC2ブログテンプレート がりんぺいろ