洗います


一通り苗の様子を見て、
作業場に戻ってきました。
除草剤散布に使ったブームスプレヤーを洗います。



スポンサーサイト

あら?


雨が降ってきました。



腹減ったな~


お昼ご飯の時間を過ぎましたが、
あとこの田んぼだけなので、終わらせるということです。

あ~、腹減った~。



除草剤散布の続き


苗の水やりを終えて、
田んぼへ出てきました。
この前やった除草剤散布が途中なので、それをやります。



水やり


今日は晴れるようです。
昨日の朝は不安定な天気でいろいろ迷いました。
今日は、迷わず水やり、ハウスの開閉ができそうです。



乾いてきた


ビニールハウスは、前後のドアを開けておきました。
午後になって曇ってるより、日が差してるほうが長くなってきました。
上に書いたようにドアは開けてありましたので、
ハウスの中の温度は思ったほど上がってないです。

ただ、乾いてきた苗が出てきたので、
それに水やりをします。



さて、ビニールハウスです


作業機を付け替えたら、
父はトラクターに乗り、
さっさと田んぼへ向かいました。

わたし一人で後片付けをし、
ビニールハウスへ来ました。

朝6時には起きていたので、この3時間ほどですが、
天気が不安定なんです。
晴れて日差しが出てきたと思ったら曇りになり、
曇ってると思ったら、晴れて日差しが出てきたり、
また曇ってきたと思ったら、
雨がパラパラと降ったりと、
コロコロ変わっています。

気温はあまり高くないので、
曇りならハウスを閉めたままでいいですが、
日差しがあると温度が上がるので、開けないといけません。
開けていて、風が強くなると、
苗が乾いてくるので、水やりをしないといけません。
雨が降るのなら、ハウスは閉めたままにして、
苗は乾きにくいので、水やりをしなくていいです。

なんか不安定なんで、
天気、苗の様子を見て、ハウスの開け閉めや水やりをします。



替えました


作業機、ロータリーからハローに替えました。



あぜ塗り機も


↓のトラクターだけかと思ったら、
あぜ塗り機も外すそうです。



トラクターの


トラクターの後ろ、作業機を替えると父が言いました。

珍しいです。
いつも父が始めて、途中でわからなくなり、
わたしに手伝わせるか、
わたしに替えておけかなんです。
今回、何を思ったのか、最初から言ってきました。



大丈夫かな


苗の様子を見てます。

ビニールハウスは閉めたままです。
苗の乾きも今のところないようです。



事務作業


ビニールハウスを一通り見てきました。

で、事務所で事務作業です。



このまま


雨が降っています。
気温も低いです。
日差しがないので、
ビニールハウスの中も15℃くらいになってます。

巻き上げやドアを開けないでいい感じです。
このままにしておいて、
水がかかってないのが出てきたら、水やりをします。



ゆっくり


今日は雨のようです。
天気予報も1日、雨になってます。

雨が降ると、比較的ゆっくりできます。
事務所でコーヒーを飲んでからビニールハウスへ向かいます。



除草剤の散布


午後からは、除草剤の散布作業です。

苗のほうは、母に任せて、
わたしと父とで作業してます。

大豆を栽培するところが、あまりにも草だらけになったんで、
除草剤で枯らしてから耕起することにしました。
大豆は6月播種なので、まだ早いんですけど、
5月の連休になると、他の農家さんが田植えを終わらせているので、
横の田んぼで除草剤がかかって枯れたとかになると、大変なんで…
今、散布しておくことにしました。



苗の様子


画像は、一番最初にビニールハウスへ搬入した苗です。
長さはちょうどいいくらいになってます。

根の張りは、もう少しほしいです。



小細工の続き


小細工の続きをしてます。

今年1月の雪で潰れたハウスのパイプを使っています。
アーチパイプは、曲がったのが多かったですけど、
L字パイプはあまり曲がってませんでした。
で、主に、L字パイプを必要な長さに切って使っています。



何で?



スプリンクラーを使っているハウスは、
水がかかりにくい苗が多数出てきました。

昨日までで、変な動きをしたスプリンクラーはなかったんですけど、
かなりの数の苗にしっかり水がかかってないです。

水のかかってない苗には、
ホースを使って手で水やりをします。



いい天気


今日は、晴れるようです。
ビニールハウスの中は、
もう30℃を超えてます。



小細工を


午後からも小細工を続けてます。

4棟のハウスに小細工をほどこしました。



小細工の続き


昨日で、排水口のやり直しが終わったので、
ビニールハウスの小細工をやります。



抜けなくするのに


この前、ドアを動かなくするのに、
ハウスバンドの縛るのを外から中じゃなく、
中から中で縛れるようにしたんです。
ドアのボルトで縛り、ナットをかけていたんですけど、
強く引っ張ると外れるんです。

で、ワッシャーを入れて抜けないようにします。



やっぱり


苗の様子を見てます。

やっぱり、水のかかりの悪いところが出てきました。
苗の位置を変えて水がかかるようにします。



終わりです


排水口のやり直し、一応、終わりました。

なぜ、一応かと言うと、
水を溜めた時、板が少ないとか、
板が多いとか、水漏れするとかが出てくるからです。
それは、その都度直します。



排水口


さて、排水口の確認です。
もう確認じゃなく、やり直しになりました。

排水口に入れる板の枚数は、
それぞれなので、なんとも言えないのですが、
画像のように、あきらかに少ないところが多いです。



大丈夫かな



壊れた排水口ですが、
この壊れ方だと、底の方の溝は残っています。
なので、画像のように棒を釘で板に打ちつけました。
排水口へ差し込み、板を入れていきます。
つけた棒が支えになって、
板は奥へズレたり、落ちたりしません。
ただ、前には動くので、
他の板を差し込み前へズレたり、落ちたりしないようにしました。

あとは周りに土を盛って、水漏れがないようにします。



壊れたのを


田んぼに出てきました。

昨日の続きの排水口の確認です。
で、確認の前に、昨日、見つけた壊れた排水口をどうにかします。
トラクターを引っ掛けたのか、
草刈り機をあてたのか、
排水口のコンクリート部分が割れています。
ここまでになると、
板を入れる溝部分がないので、
板を入れることができません。
アルバイトさんは、1枚だけ板を入れて、
手前に土を盛り上げてどうにかしようとしたみたいです。
このままでは、水漏れがひどくなるので、
別に木材を使って、板を支えれるようにします。



今朝は


今日は朝から日差しがあります。
ビニールハウスの中は、
もう28℃ほどになります。



確かに、ここは


この排水口は、コンクリート部分が壊れてしまってるので、
板を必要なだけ入れるのはできないでしょう。
それなら、どうしたらいいか、
わたしにきくとかしてもらいたいです。



このライン


ここ、1haの田んぼが3枚並んでいます。
なので、約300mあります。

1haに排水口は7ヶ所。
かける3で21ヶ所、このラインにありました。

で、父が排水口がちゃんとしてあると思って、
水を田んぼへ入れてあります。
3枚の田んぼのうち2枚が排水側まで水がきてました。
14ヶ所が水が排水口まできてました。
14ヶ所中、水が漏れていなかったのは、



0



です。




Top ▲

百姓の日記Ⅱ Produced by ふぁーま
Designed by FC2ブログテンプレート がりんぺいろ